シャコバサボテンを開花させる方法と冬越し

植物

シャコバサボテンは、デンマークカクタス、クリスマスカクタス、カニバサボテンなどいろいろな呼び名があってどれが正しい呼び方なのかよくわかりませんがサボテン科カニバサボテン属の植物ということになるようです。

原産はブラジルで森の中などに自生しているようですね、森林着生種と言うやつです。

花の少ない冬に花が咲くので毎年花が咲くと凄く嬉しくなります。

さて、開花させる具体的な方法ですがこの種は少しだけ気難しいサボテンになります、 テキトーに管理していても花は咲きません。

まず秋口から短日処理をしなくてはいけません、これは1日の日照時間を12時間にしなくてはいけないのですが、私は最初バカ正直にダンボールとかを使って日照時間をコントロールしていましたが、そんな事をしなくっても花は咲くということに気が付きました。

置き場所を工夫するとわざわざダンボールなど使わなくっても問題なく花芽は付きます。

夜間に街灯や家の中からの光が当たらない場所を探す、 なければやはりダンボール作戦になりますがとても手間がかかるのでぜひ夜中に真っ暗になる場所を探してみてください。 もちろん日中暗すぎるのはだめですが。

なので秋口(9月末ころ)になったら置き場所を変えてみましょう。

芽摘み、 よい置き場所が決まったら芽摘みです、秋に葉の先端の赤い葉や小さく柔らかい葉は全て摘み取ってしまいます、 こうすると格段に花芽が付きやすくなります。

水やり方法、芽摘みが終わったら花芽が付くまでは極力水を切って育てます。 シャコバサボテンに「子孫を残さないとマズイ!」と思わせるくらいに水を切ります。

もちろん限度はありますので枯れそうだと判断出来たら水を与えましょう。 まぁサボテンですから本当にかなり水やりを控えても枯れません。

花芽が1〜2ミリくらいになったら今度は水を与えます。

それでもたくさん与えるという訳ではなく土の表面が乾いてから2〜3日後にたっぷりと与えます。

ここまで大きくなったらもう確実に咲くでしょう。

この頃になると外は寒くなっているでしょうから家の中に。取り込みましょう。 たぶん2〜3度くらいが限界の気温だと思います。

↑この株は同じように短日処理をしていたのですが雨がかかってしまいまって花芽が付きませんでした。

やはり水を与えると花は咲かないみたいです。

今年もキレイに咲きました。

中々面白い造形の花ですね。

植物
スポンサーリンク
臣をフォローする

趣味のDIYや園芸技術の情報を発信するブログサイトです。
サラリーマンをしながらDIYや園芸の技術を独学で磨いております。
新しい知識や技術を見つけたら当ブログで紹介していこうかと思います。

2020.5.30にサイトのアドレス変更に伴いサイトもリニューアルしました。

臣をフォローする
工房JIN

コメント

タイトルとURLをコピーしました