スクーターに雪道用タイヤチェーンを装着する。

乗り物

スクーター用スノーチェーンを購入してみましたので実際に装備してみました。
装備するスクーターは私がいつも通勤で使用しているヤマハのアクシストリート125です。

以前ホンダのベンリー125Tと言うビジネスバイクで山の上の職場に通っていた時は、雪や路面の凍結等が起こった時によくタイヤチェーンを装備して山を登り降りしていましたが、山の上の職場が移動して平地の職場に変わると同時にベンリーも売ってしまいました。
しかし数年に1〜2回は平地でも雪が降り積もる事があり、どうしてもバイクに乗らなければならない場合も想定されますから、緊急用に1つくらいメットインに入れていても良いかなと思います。

購入したチェーンはこちらの種類です↓

スーパーカブとか旧ベンリーなんかもこちらのメーカーのチェーンがよく使われているかと思います。

構造はシンプルでビローンと伸ばすとハシゴみたいな形ですね。
センタースタンドを立てて装着します。


装着する向きが決まっていますから説明書をよく読んで装備します。
まぁぶっちゃけ向きが逆でもよほどの事が無ければ外れる事はありませんのでベンリーで使っていた時は、ある程度使った後は反対向きに装着してチェーンの摩耗を分散したりしていました。

ただ実際にスクーターに装着してみますとリアのフェンダーとタイヤの間の隙間が狭くかなりギリギリの装着感です。
手でタイヤを回すと少しカラカラとフェンダーに擦れている音もします。

問題は走行可能なのかという点。
結論から言いますと走行は可能です。
と言うか実際に1キロほど走ってみました。

走行するとタイヤの遠心力でチェーンが少し外に振られてさらにフェンダーにぶつかり、ガラガラとそれなりに大きな音が出ます。
近所の犬も何事かと様子を見に来るくらいは大きな音が出ます。
雪道を走る想定ですから時速20キロ以下で走るでしょうからそれでフェンダーが割れるとかの心配は少ないかと思いますが、絶対に破損しないのか?と問われるとまぁそのうち壊れるんじゃね? としか返事は出来ませんね。

ですから走行は可能。
チェーンはフェンダーにぶつかる。
時速10〜20キロの走行なら(たぶん)大丈夫。

と言う感じのレビューとなります、雪国のように常時装備すると言う使い方ではなく年に数回雪が積もっている部分か凍結している道路でのみのピンポイントでの使用なら「たぶん大丈夫」と言う感じですね。

雪道を走る上での注意点なんかはまたそのうち記事を書きます。

乗り物
スポンサーリンク
臣をフォローする

趣味のDIYや園芸技術の情報を発信するブログサイトです。
サラリーマンをしながらDIYや園芸の技術を独学で磨いております。
新しい知識や技術を見つけたら当ブログで紹介していこうかと思います。

2020.5.30にサイトのアドレス変更に伴いサイトもリニューアルしました。

臣をフォローする
工房JIN

コメント

タイトルとURLをコピーしました